トータルで考えれば高級賃貸マンションがお得なのかも

ますます伸びる高級賃貸マンションの需要

世間は不況だといわれていても、そんなことには全く関係ない人もいます。
高級賃貸マンションが増えているのも、その証拠です。
先日、高級賃貸マンションの広告が郵便受けに入っていたのですが、見れば、かなりのお高いめの家賃。
これだけ払えば家を買えてしまいそうと思ってしまったところが庶民感覚ですけど、高額の家賃で賃貸に住むのは、最高に贅沢な気がします。

立地の利便性と住まいの快適性が両立しています

その広告に載っていたのは、大阪の中心地に近く、路線の違う地下鉄の駅が3駅とJRの2駅が、徒歩5分圏内の最高に便利な立地条件でした。
もちろん大きなショッピングセンターや百貨店も徒歩圏内にあり、快適な生活を送れそうです。広告に掲載されていた部屋は高層のタワーマンションの20階でした。
もちろん角部屋で、間取りは2LDKでしたがリビングが広く、バルコニーは部屋の東と南をぐるっと取り囲んでいます。都会の真ん中なので、夜は夜景が素敵でしょうね。
隣のバルコニーとつながっていないので、くつろいだり食事をしたり、ご近所を気にせずに快適に使えそうです。
この辺が、さすがに高級賃貸マンション。

高級賃貸マンションは利便性と住み心地を買う物件

意外に思ったのは敷金や礼金が、普通の賃貸マンションとあまり変わりがないことです。
先ほど、家を買えそうな高額な家賃だと言いましたけど、よく考えてみれば、この立地条件と建物、設備がそろった分譲マンションを買うことを思えば、安いかもしれないです。
分譲にかかる管理費や修繕積立費、税金などの支払い金額や住むときに支払う金額をトータルで計算すると、そう高い家賃でもなさそうです。
このマンションは共益費もなかったし、修理が必要でも、賃貸なら自分で支払う必要もないし、なにより気軽に引っ越しすることができるのが魅力です。