知人の高級賃貸体験談

姉が住む高級賃貸マンション

姉
私の姉は、東京都の中央線沿線に建っている高級賃貸マンションに住んでおり、セレブな生活を送っています。私自身はごく普通の一般市民なので、姉の住む高級賃貸マンションに遊びに行くたびに、その素晴らしさに圧倒されてしまいます。まず外観やエントランスが、まるで一流ホテルのように美しいのです。

シックなブラウンを基調としており、床や壁は全て大理石です。大きなシャンデリアがあり、そこから零れ落ちる光を大理石が反射して、空間全体がほんのりと明るい感じになっています。セキュリティ面でも、かなりのものです。初めて訪問した時は、オートロックがあることくらいは予想していましたが、なんとエレベーターにもロックがついていたのです。住人しか持っていない特別なキーでなければ、ロックは解除できず、エレベーターを利用することができません。

つまり外から来た人はもちろん、そのマンション内の住人であっても、キーを持っていなければ別の階に移動することができないのです。さすが高級賃貸マンションは違うと感心しました。

また、エレベーター付近にもエントランスなどにも、監視カメラが多くありました。そのため他愛ないおしゃべりをしたり、頭をポリポリと掻いたりすることさえ、はばかられました。監視されているのだと思うと、自然に言動が礼儀正しくなりました。

このような環境で暮らせば、自然に礼儀作法が身につくかもしれないと思いました。

姉の住んでいる室内ですが、これもまた素晴らしいの一言なのです。

駅が目の前だというのに騒音は一切聞こえませんし、窓ガラスも分厚く、もちろん絶景が見渡せます。キッチンもお風呂場も広々としており、これまた床や壁は大理石で、照明を反射して光り輝いています。

セレブな生活を体験できるので頻繁に遊びに行きたいのですが、私などが気軽に出入りできないような荘厳な雰囲気もあるため、気が引けて時々しか行けないのが残念です。