高級賃貸マンションに住む理由

購入する場合との違い

eyecatch1
毎年次々と新しい分譲マンションが建設されて、それなりに好調な売れ行きを見せていますが、中古マンションの売れ行きは決して良くありません。なぜかと言いますと、どうせマンションを購入するのであれば他人の手垢がついていない新築物件を購入したいと考えるのが人情ですし、中古マンションを購入すればそれなりのメンテナンスが必要となってくるためです。

建物自体の寿命の問題もありますので、なるべく新しいマンションを購入したいと考えるのは、ごく当然のことだと言うことができます。そのため、いくら高品質なマンションであったとしても、いざ売却をしようとした際になかなか買い手を見つけられないのが実情です。

また、バブル崩壊以降は、中古マンションに購入時よりも高い価格がつけられるようなことは全くなくなりました。バブル期までは、マンションを所有していると毎年値段が上がっていきましたので、売却することによって利益を得ることもできたのですが、現在では築年数に応じて確実に不動産価値が低下していきます。

やっぱり賃貸の方が有利かも

分譲マンションを購入するよりも賃貸マンションを借りる方が有利だと言うことができます。

しかし、一般的な賃貸マンションは安普請のものが大半で、高級志向の人の要望に応えられるような物件は存在しません。そこで注目されるようになったのが、高級賃貸マンションです。

高級賃貸マンションと言えば、以前は日本に滞在する期間が限定されている外国人を対象とした特殊な物件だったのですが、そこに居住することを希望する日本人がかなり増加したために、日本人居住者向けの高級賃貸マンションが登場してくるようになりました。現在では、交通の便の良い立地で、機能・サービスともに申し分のない良い物件が数多く提供されるようになっています。